キャッシングの与信確認で必須となる信用情報センター

“キャッシングの審査では信用情報センターを通じて他社の債務の状況や利用状況を確認しています。
他社の債務にはキャッシングの利用分だけでなく、クレジットカードや分割払いなどの割賦販売法の契約に基づくものも含まれます。
また、信用情報センターでの調査で分かることは過去の債務整理の情報です。
任意整理や民事再生などの債務整理を行うと、5年間は利用が制限されます。
いわゆるブラックリスと呼ばれるものです。
ブラックリストは実際には存在しませんが、信用情報センターに異動情報という形で載ります。
その他、6ヶ月間登録される申込情報では直近の他社の申込状況が分かるようになっています。
これも直近で複数の申込がある場合は審査に通ることが難しくなります。
延滞なども審査落ちの理由となるもので、特に3ヶ月以上の延滞がある場合は重大な信用問題に発展することがあります。
他社の利用などを把握することで過剰な融資の抑制、信用状況を判断し、途上与信で契約後も定期的に調査されています。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *