リボ払いというキャッシング返済方法

リボ払いとは、借入件数やキャッシング額にかかわらず、毎月一定額を支払っていく返済方法です。キャッシング額が増えても毎月の返済額は変わらないので、家計が管理しやすく、使い勝手が良いというメリットがあります。
一方で、リボ払いには、次のようなデメリットがあります。まず、返済額が少なければ少ないほど、返済期間は長期化し、支払う利息も多くなります。リボ払いは、支払い残高があるかぎり、支払いが続くからです。また、いくら借りても返済額が変わらないので、多額の借金をしている感覚がなくなります。さらに、リボ払いの仕組みが複雑なため、仕組みを理解しないまま利用している人が多いという点です。
このように、リボ払いは便利なサービスですが、使い方を誤ると利息がどんどん増えて、いつまでも借金返済が終わらないという状況に陥ります。したがって、あまり月々の返済額を低くせず、返済できる時に一括返済または追加返済するのが賢い利用方法です。